人工歯の種類【詰め物、被せ物、入れ歯】

虫歯を削った後、その削った範囲の大きさや、歯の機能(前歯なのか、奥歯なのかなど)によって、修復に使用する素材や形状などを選択します。また、歯を失ってしまった場合には、「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の3つの治療方法によって失った歯を補います。

虫歯が小さい時は「詰め物」で補綴人工歯の種類
将来にわたって歯を残すためには、歯をなるべく削らないことが大切になりますので、虫歯が小さい時には、虫歯の部分だけを最小限の範囲で取り除き、「詰め物」を充填するのが一般的です。また、殺菌によって虫歯の進行を食い止める、3MIX、ドックベストセメントを応用することもあります。

≪虫歯が小さいときの治療に適した材料と治療法≫
●ハイブリッドレジン充填
ハイブリッドとは、二つ以上の異なる物質を組み合わせた物のことをさし、「ハイブリッドレジン(ハイブリッドセラミック)」と呼ばれる素材は、硬質レジンというプラスチックとセラミック(陶材)を混ぜた物になります。

●インレー(詰め物)
虫歯の部分を削って穴があいてしまった部分を修復するために、穴の型を取って、金属やセラミックなどで作成する物をインレー(詰め物)と言います。

虫歯が大きい時は「被せ物」で補綴人工歯の種類
虫歯がある程度大きくなってしまうと歯の強度が弱くなり、噛む力によって歯が割れたり欠けたりすることがあります。そのため、ある程度の大きさの虫歯を治療する場合には、噛み合わせた時に当たる面を覆う形や、歯全体を覆うような「被せ物」で治療していきます。

≪虫歯が大きい時の治療に適した材料と治療法≫
●アンレー
虫歯が進んで削る部分が多い場合、歯の4面を覆って修復する詰め物のことです。 インレーとの違いは、修復する部分の大きさや面積に加え、インレーは「in」なので「中に入れる(詰める)」、アンレーは「on」なので「乗せる(被せる)」といった形状になることです。

●クラウン
クラウンとは王様が被る王冠のことで、歯科では歯に対する被せ物をさします。 インレー、アンレーなどでは被覆できないほど欠損が大きい場合、クラウンを被せます。「被せ物(かぶせ物)」とも呼びます。

●オールセラミッククラウン
セラミック(陶材)を素材に使ったもので、最も生体親和性が高く耐久性にも優れています。天然歯に近く、長期間の使用でも色の変化がないことから、主に前歯の治療に使用します。金属アレルギーの心配もなく、どなたにも安心の治療法です。

●メタルボンドクラウン
金属でできた「被せ物」の外部を、白く透明感のあるセラミックで覆った人工歯です。金属部分が見えないため審美性も高く、オールセラミックに比べて耐久性に優れている点が特徴です。

神経の治療をした時は強度を高める治療を人工歯の種類
神経を治療すると歯自体が弱くなってしまうことから、歯の中に土台を立てて補強をし、上から「被せ物」をして全体の強度を高める治療をしていきます。

≪被せ物の特徴と治療に適した材料≫
●クラウン
クラウンとは王様が被る王冠のことで、歯科では歯に対する被せ物をさします。 インレー、アンレーなどでは被覆できないほど欠損が大きい場合、クラウンを被せます。「被せ物(かぶせ物)」とも呼びます。

●オールセラミッククラウン
セラミック(陶材)を素材に使ったもので、最も生体親和性が高く耐久性にも優れています。天然歯に近く、長期間の使用でも色の変化がないことから、主に前歯の治療に使用します。金属アレルギーの心配もなく、どなたにも安心の治療法です。

●メタルボンドクラウン
金属でできた「被せ物」の外部を、白く透明感のあるセラミックで覆った人工歯です。金属部分が見えないため審美性も高く、オールセラミックに比べて耐久性に優れている点が特徴です。

失った歯は適した方法で補って健康も取り戻す
「一本ぐらい歯がなくても、そんなに不自由しない」という方もいらっしゃいますが、歯がないことで身体にねじれやゆがみが生じ、腰が曲がったり、肩こりや頭痛を起こすこともあります。失った歯を適切な方法で補うことは、これらの状態を改善し、全身の健康を維持することもつながります。

≪「インプラント」「ブリッジ」「入れ歯」の違いと特徴≫

人工歯の種類●インプラント
インプラントとは、あごの骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、それを土台にして人工の歯を装着する治療方法です。周囲の歯に負担がかからず、見た目の美しさ、機能的にも優れた最新の治療法です。

人工歯の種類●ブリッジ
メタルボンドなどで作った人工歯を、失った歯の両隣の歯に被せるようにして橋渡し(ブリッジ)をして修復する治療法です。基本的に、ブリッジをかける両側の歯が残っていることが必要です。また、それらの歯を削らなくてはいけない点がデメリットです。

人工歯の種類●入れ歯
基本的に、どの歯を失っても作製できることや、何本も連続した歯を補うことができることが特徴です。また、健康保険でも作れること、比較的短期間で作れること、他の歯をあまり削らずに済むことなどがメリットですが、噛む力が劣るといったデメリットもあります。

詰め物や被せ物の治療後の注意ポイント
詰め物や被せ物は「人工物」なので時間の経過と共に劣化します。また、それらを装着するための接着剤も劣化し、少しずつ溶け出していくため、使用期間には限度があります。多くの方は、詰め物が取れたり、歯が痛くなったりしてから歯医者に行き、新しく替えていたのではないでしょうか?

その場合、詰め物や被せ物があったところが虫歯になっていることが多く、結局、歯をさらに小さく削ることになってしまいます。ですが、詰め物などの材料が劣化を始める前や劣化し始めた直後で、まだ詰め物が取れてしまう前に新しい物に取り替えることができたら…。状況は全く違ってきます。

●早めの治療で身体への負担を最小限に抑える人工歯の種類
詰め物が取れたり痛み出したりしていない時点では、まだ虫歯になっていないので、歯を削る必要がありません。また、痛みを発生していない状態なので神経の治療も不要で、治療時間や通院回数も少なくて済みます。

また、劣化が進んでいる物を使い続けることは、身体の状態を悪くすることにつながってしまうため、「詰め物などで口の中の環境を整えてたはずなのに…」ということから考えると、本末転倒になってしまいかねません。

当院では、詰め物などの補綴物が劣化し過ぎたり、虫歯になってしまう前に、早め早めに取り換えることをお勧めします。

【人気の審美メニュー】オールセラミッククラウン(ジルコニア)

オールセラミッククラウン(ジルコニア)●白く美しい歯を手に入れられる
●金属を使用しないため、歯ぐきの変色や金属の露出がない
●金属アレルギーの方でも安心

ジルコニアの特徴は、金属より硬いにも関わらず、非常に軽いことです。また、耐久性、耐熱性にも優れています。これまでのクラウンは、金属のフレームの外側に白い加工を施すため、どうしても歯と歯肉の境が黒く見えたり、歯に透明感がなく不自然な感じが避けられませんでした。

現在は、金属のかわりにジルコニアを使用することにより、自然で透明感のある白い歯をつくることができます。また、ジルコニアは金属より強度を持っているので、金属を使わないメタルフリーの治療ができ、天然の歯により近い見た目の美しい歯を作ることができます。

【人気の審美メニュー】ハイブリッドレジン充填

コンポジットレジン●上手にやれば天然の歯と見分けがつかない
●1回の通院で治療終了
●オールセラミクスや金合金と比べて安い

「銀歯にはなりたくないけど、セラミックの歯は高いし…」

そんな悩みをお持ちの方にオススメなのが、ハイブリッドレジンによる治療です。虫歯の部分を削った後にハイブリッドレジンという白い歯科用プラスチックを詰め、目立たなくしてしまいます。

かつての虫歯治療では、歯を削った後につめる”詰め物”は、銀歯などの金属や、高価なセラミックや金合金による修復法しかありませんでした。

しかし、ハイブリッドレジンと呼ばれる白いプラスチックを使うことで、リーズナブルかつスピーディーに、白い歯を手に入れることができます。ただし、セラミックと比べると、耐久性はやや劣ります。
 

入れ歯治療

当院では、審美性に優れた入れ歯メニューも取り揃えています。

ノンクラスプデンチャーノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャーとは、金具(バネ)がない部分入れ歯のことです。金具がないため、目立たないというのが最大の特徴です。また、弾性と強度があるので、装着感が少なく、壊れにくいといった特徴もあります。

材質のつなぎ目がほとんどないため、お掃除がしやすく衛生的ですが、素材自体の寿命は約3年程度といわれています。金属を使った入れ歯に比べて長持ちしないというデメリットもあります。

<ノンクラスプデンチャーの特徴>
・装着しても目立たない
・違和感が少ない
・壊れにくい

金属床義歯金属床義歯
金属床義歯は薄くつくれるので違和感が少なく、発音もしやすい入れ歯です。冷たいもの・温かいものも敏感に感じることができるので美味しく食事ができます。また、患者さんに合った人工歯を使用するので審美的にも優れています。非常に軽く生体親和性に優れ、アレルギーの心配がありません。

<金属床義歯の特徴>
・食べ物の熱い、冷たいがよく伝わって食事が美味しい
・金属部分は汚れにくく、清潔さを保ちやすい
・薄く細く小さいので、快適で違和感が少ない
・丈夫で壊れにくい
・歪まないので残った歯と歯ぐきに優しい

シリコン義歯シリコン義歯
シリコン義歯は、入れ歯の内面に生体シリコンを張った入れ歯です。歯ぐきにあたる入れ歯の内面が柔らかく、違和感が少ないのが特徴です。また、頬や歯ぐき、舌の形や筋肉の動き方を入れ歯の形に取り入れることができるので、外れにくく、強く噛みしめることが可能な入れ歯になります。

さらには、生体シリコンの柔らかさによって、口の周りの筋肉や表情筋も、突っ張ることなくしっかり動かせるので、入れ歯を入れていても、自然な表情、明るく美しい笑顔が作れます。

<シリコン義歯の特徴>
・強く噛みしめられる(通常の入れ歯の2倍ほど)
・違和感が少ない
・痛みが出にくい
・しっかり咀しゃくできる

 



コールバック予約

PAGE TOP