一般歯科・無痛治療

「痛いから歯医者はキライ!」という方のために、当院では痛みを軽減するさまざまな方法を取り入れています。できる限り「痛くない」「削らない」治療を心がけています。

一般歯科・無痛治療

痛みのない・削らない治療
当院では、薬を使用した虫歯治療に取り組んでいます。ドックベストセメントという薬を使用し、痛くない、歯を削らないというのが特徴的な治療です。副作用もなく、お子様も使用できる薬です。

詳しくはこちらから → 『痛みの少ない・削らない治療』へ

麻酔使用における工夫や対策が万全です
当院では、できる限り「痛みを感じなくてすむ治療」を心がけています。例えば、痛みを軽減させるために麻酔を使用することがありますが、麻酔注入時の「チクッ」とする感覚が苦手な方もいらっしゃいますので、麻酔時の痛み自体に対しても工夫や対策を講じています。

まず、麻酔注射をする前に「表面麻酔(クリームタイプの塗る麻酔)」を塗布したり、麻酔を注入する部位にレーザーを照射することで、針を刺しても痛くない状況を作ります。さらには、麻酔の注入に細い針を使うことでも、痛みを抑制しています。

●手動にこだわった麻酔注入を実施
また、麻酔注入の速度が速かったり、一度に多くの麻酔が注入されたりすることで歯ぐきに強い圧力がかかると、粘膜に傷ができて痛みが出てしまうので、弱い圧力でゆっくり注入します。

速度や圧力の調整は電動麻酔器でも可能とされていますが、粘膜に対しての微妙な感覚を察知して、より適切な圧力によって注入するために、当院では、あえて手動での麻酔を行っています。
上記のような状況で麻酔を行えば、通常は痛みを全く感じないで受けることができます。

●心理的な不安解消にも努めています
一般歯科・無痛治療実際の痛みの強弱に関わらず、過去に受けた歯科治療での経験やトラウマによって不安や痛みを強く感じてしまう方もいらっしゃいます。そういったケースでは、しっかりとコミュニケーションを取ることにより、マイナスな印象や心理面に影響されない状況を作り出すことが有効とされています。

当院では、カウンセリングなどのコミュニケーションによって、患者さんが不安に左右されない状況を作り出すトレーニングを常に行っています。また、麻酔や治療の進行を患者さんの呼吸に合わせたり、タイミングよく患者さんと視線を合わせたりすることで、リラックスして安心感を持っていただくことも大切にしています。

●強い痛みにもしっかり対応します
「虫歯の痛みが酷くて、歯を削るなどの治療も辛い」「痛みが強すぎて麻酔が効きにくい」といったケースでは、まずは痛み自体を和らげる治療から行います。状況に合わせて、麻酔や神経を鎮める薬を用いて痛みを鎮め、日を改めて、麻酔がしっかり効く状態になってから治療を進めていきます。

また、歯周病などで歯ぐきが腫れて痛みがある時には、そのまま治療を始めると、さらに痛みが強くなることもあります。その場合には、まずは、高周波治療器などを使って痛みを鎮め、患部の免疫力(身体が持っている自然治癒力)を高めていきます。

●歯ぐきの痛みを除去するさまざまな方法
当院では、高周波治療器のほかにも、レーザー治療や、オゾン水や酸化電位水という殺菌効果の高いうがい薬、アロマオイル、飲み薬などで、患部に直接触れずに痛みを取り除いたり殺菌を行ったりしていますさらには、口の中の悪玉菌を善玉菌に変えていくサプリメントも扱っています。

このように、バイ菌や悪玉菌を減らしたり、免疫力を高めるなど、患者さんの口腔内の状況に合わせていろいろに方法をミックスさせて治療することによって、歯ぐきの痛みも簡単に取り除くことができますので、安心してご相談ください。

【レーザーの活用】なるべく削らない、痛くない治療のために

レーザー治療レーザーには治療用と虫歯診断用があり、治療用のレーザーは、痛みを和らげたり、直接届かない骨の中などの消毒に用います。また、歯ぐきの切除に用いると、出血を抑えた手術が可能になり、さらには、歯周病や知覚過敏、口内炎、初期虫歯の治療などにも効果を発揮します。

一方、虫歯診断用のレーザーでは、虫歯の深さや、レントゲンや直視では判断がつかない患部の大きさ、患部周囲の状況が詳細に把握できます。

これにより、進行の浅い虫歯か、進行の度合いが高くて削る必要のある虫歯なのか…といった判断が正確に行うことができるようになり、「必要以上に歯を削らなくて済む治療」のために大きく役立っています。

【レインボー療法】刺さない鍼(ハリ)治療

レインボー療法レインボー療法は、身体に刺さないで鍼(ハリ)と同じ効果を特殊な器具で主要なつぼを刺激し、経絡の流れを良くして、最後に色のついたテープをつぼに貼り、体質を改善し身体の不調を整えます。

●身体に傷をつけないので、恐怖心を与えず安心
●皮膚面の消毒が不要
●他の療法と併用して施術できる
●施術時に力が不要

虹(レインボー)の7色のように人体を7種類のタイプに分け、そのタイプに合わせた施術をすることからレインボー療法という名が付けられました。

痛みやシビレを緩和する東洋医学の一種ですが、歯の痛みやアゴの痛みにも効果的です。他の治療方法の邪魔をしないで改善に向かうことから、当院では積極的に利用しています。

保険診療・自由診療について

一般歯科当院の治療は、基本は保険治療です。ただ、患者さん一人ひとりのご要望によって、保険がいいということもあるかもしれませんし、逆に保険では、患者さんのやりたいと思っていたことが、叶えられないこともあります。

すべての治療方法に、いい点と悪い点があります。それをしっかり認識して、検討していただくことを第一に考えています。

ご希望があれば、ご自身の体のことや健康のこと、家族のこと、経済的なことなど、いろいろな観点からご提案させていただき、その中から適切なものを選んでいただきます。

できるだけ歯を削らないために

患者さんによっては痛みだけでなく、歯を削ることに抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。当院は、できる限り患者さんが歯を削らずにいられるよう予防に力を入れて取り組んでいます。

一般歯科日本の歯医者では、毎日歯を削ったり、歯を抜いたりしていますが、削ること、抜くことはやむなく行う手段の一つであり、それ自体が目的ではありません。

世界標準としての歯科医院のあり方では、歯を守ることによって身体の健康を作り出すことが本来の仕事とされています。当院もそれに習い、歯を削ること、抜くことを目的とするのではなく、心身ともに健康な状態を作り出すための治療を行っています。

虫歯になってから歯科医に行くのでは遅い
「歯医者は、虫歯になってから仕方なく行くところ」…そんな風に思っている方も多いでしょう。また、歯科医院に対しては「痛くて嫌な所」「できれば行きたくないところ」というイメージが強いかもしれません。

しかし、これは「日本国内のイメージ」であり、歯科医療先進国の欧米諸国ではまったく異なっています。歯科医療先進国では、「予防歯科」が中心となっているため、歯科医院は「虫歯になってから行くこところ」ではなく、「虫歯にならないために行くところ」なのです。

そのため、「歯医者に行くと、虫歯を削ったり神経を治療したりするから痛い」というイメージではなく、「歯医者に行くと口の中がすっきりして気持ちいい」「リフレッシュできる」というイメージを持っている方が多いのです。しかも、虫歯や歯周病が抑えられることから、痛みとは半永久的に無縁なのです。

●治療した歯ほど虫歯になりやすいという現実!
虫歯の治療では、患部を削り取った部分をプラスティックや金属などで補強・代用しますが、それらをつける接着剤は時間とともに劣化して溶けていきます。すると、その隙間にバイ菌が入り込み、簡単に虫歯が再発してしまいます。つまり、治療した歯ほど、虫歯になりやすいのです。

また、虫歯の再発の度に繰り返し歯を削ることで、いつの間にか歯は小さくなり、さらに深部にまで達すると、神経の治療も必要になります。神経を治療すると痛みを感じなくなるためで、虫歯になっても気付くことができなくなり、虫歯の進行度合いは重く、深くなっていってしまいます。

そんなふうにして歯根の治療を何度もやり直すことになると、3回ほどの治療で、抜歯する以外に方法がなくなってしまうケースも珍しくありません。つまり、治療した歯は虫歯になりやすくなるだけでなく、将来は歯自体を失うことにもなりかねないのです。

悪循環を簡単に止める方法、それが予防歯科です一般歯科
上記のような悪循環から脱するためには、まずは、虫歯になっていない歯は、虫歯にしないこと、これがとても大切です。また、虫歯を治療したことがある歯は、接着剤が取れたり、詰め物や被せ物が劣化する前にそれらを交換して、虫歯の再発を防ぐことも重要です。

そのためにはどうすればいいか…。きっと皆さんは、「丁寧に、時間をかけて、歯みがきをすること」で虫歯予防に努めていらっしゃると思います。歯みがきは確かに大切なケアなのですが、残念なことに、”歯みがきだけでは虫歯を予防することはできない”というのが現実なのです。

歯みがきだけでは落とすことのできない汚れや歯垢があり、そのままにしておくとどんどん蓄積され、バイ菌の温床になってしまいます。逆に、それらをきれいに落とし、常に口腔内を理想的な状態に保つことができれば、虫歯や歯周病を抑えることができ、治療を受けなくて済むのです。

●虫歯になる前に予防することが歯を削らないための一番の対策
「予防歯科」には、歯科医や歯科衛生士といったプロによる定期的な歯のクリーニングや、歯を強くするフッ素塗布など、さまざまなメニューが揃っています。また、定期検診で詰め物や被せ物の劣化などもチェックでき、虫歯が再発する前に材料を交換することも可能になります。

虫歯になっていない歯を虫歯にしないため、そして、治療した歯に虫歯を再発させないために、美容院やエステに行く感覚で歯医者を上手に利用してください。そうすれば、歯を削ったり抜いたりせず、長く自分の歯を保つことが可能になります。

当院では、こういった予防歯科に力を入れています。虫歯になる前に予防することが、歯を削らないための、将来歯を残すための最も有効な対策です。

詳しくはこちらから → 『予防歯科』へ



コールバック予約

PAGE TOP