箱根ヶ崎駅徒歩5分の瑞穂町にある『きら歯科クリニック』の医院ブログ

瑞穂町にある『きら歯科クリニック』から、歯や健康に関することについて情報を発信します。また一般歯科・無痛治療、小児歯科、矯正歯科、審美歯科・ホワイトニング、補綴・義歯、歯周病治療、噛み合わせ治療など体験談等をご紹介させていただきます。

2015年08月14日

歯ぐきを再生したり、歯を強くする(きら歯科クリニックの予防の特徴10)

 

きら歯科クリニックの予防の特徴を連続して紹介していきます。

今回は、その10回目

(こちらからリンクします 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目 8回目 9回目

 

9.歯磨き粉(歯茎や骨を育てる役割がある)で、歯ぐきを再生したり、歯を強くする

 

ここ最近の研究の成果で、

歯茎の再生ができたり、歯を強くすることができるようなものが出てきています。

 

それらを上手に使うことで、歯茎を再生したり、歯を強くすることができるようになってきました。

 

このあたりは、まだまだ開発が盛んなところですので、

将来的には、しっかりと歯ぐきを再生できる、と歌えるようなものが出てきたり、

歯が強くなる、ということをうたえるようにっていくと思います。

 

今は、まだ、それらの効果があるとは言い切れないようです。

 

効果があるもの、そして害がないもの(ここが最重要)をうまく取り入れて、

予防処置が取り組めればと考えています。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
きら歯科クリニック
http://kirashika.com/
住所:東京都西多摩郡瑞穂町箱根ヶ崎137
TEL:042-557-0079
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015年08月13日

ばい菌のすみにくい口の中を作る(きら歯科クリニックの予防の特徴9)

きら歯科クリニックの予防の特徴を連続して紹介していきます。

 

今回は、その9回目

(こちらからリンクします 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目 8回目 9回目 10回目 11回目

 

8.蛋白分解除菌水を用いることで、ばい菌が済みにくい状態を簡単に作れる

 

 

簡単に言うと、べっとりくっついてはがれない”ばい菌”を溶かして殺菌することで、

ばい菌がすみにくい環境を作って、善玉菌を増やす

ということです。

 

・・・・

 

お腹の善玉菌とか、

腸内細菌のバランスが・・・とか、

聞いたことがあるでしょうか?

 

お腹の中の細菌の種類にも、善玉菌、悪玉菌、何もしていない菌といて、

これらのバランスを浴しましょう~ と、いうことがいわれています。

 

じっさいに、腸内細菌を整えることで、身体の免疫力は今まで以上に上がるのではと、研究が盛んですし、

実際に健康になるために取り組まれています。

 

最近、口の中にも、腸内細菌と同じように善玉菌、悪玉菌、何もしていない菌というように、バランスがあり、

このバランスがとることで虫歯や歯周病、全身の免疫力に影響が出るということが

論文で発表されました。

 

今までは、ただ歯磨きをすればいい、

といわれてきていますが、ばい菌の種類を整えることで

身体の健康にも影響するということになりますね。

 

・・・・

 

ところが、悪玉菌を減らそうとしたときに、

なかなか歯磨きだけではうまくいかないことも知られています。

 

洗口剤(デンタルリンス)を使っても、べとべとに付いているばい菌にはほとんど効果がありません。

 

そこで、べとべとのばい菌を溶かして、殺菌します。

歯磨きとして続けることで、虫歯の発生がかなり抑えられることもデータとして出てきました。

 

無菌の状態を目指すのではなく、(無菌の状態は、かえって免疫力が下がります)

善玉菌を増やして、悪玉菌を減らし、

何もしない菌とのバランスをとることで、虫歯と歯周病はかなり抑えられるようになります。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
きら歯科クリニック
http://kirashika.com/
住所:東京都西多摩郡瑞穂町箱根ヶ崎137
TEL:042-557-0079
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015年08月11日

レーザー 虫歯の悪循環を断ち切る(きら歯科クリニックの予防の特徴8)

きら歯科クリニックの予防の特徴を連続して紹介していきます。

 

今回は、その8回目

(こちらからリンクします 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目 8回目 9回目 10回目 11回目

 

 

 

7.レーザーを使うことで歯質強化、虫歯の再発予防ができる

 

レーザーもいろいろな種類があるのですが、

ある仕組みを使ったレーザーを使うと、

・歯が強くなる

・虫歯になりにくくなる

・フッ素をたくさん取り込みやすくなるため、さらに虫歯になりにくくなる

・麻酔をしなくても虫歯の治療ができるようになる

・歯の神経が残る確立が増える

 

いろいろな効果があるのですが、

そもそも歯を削らないですむことは、すばらしいことです。

 

・・・・

 

今も普通にされている虫歯治療は、

虫歯を取り除くということ。

 

小さくても、一回虫歯になってしまうと、その部分は取り除かないといけません。

そして、プラスチックや金属で補います。

 

虫歯の治療が終わった、良かった!

と思われるかもしれませんが、残念ながら、虫歯の治療をした歯ほど、虫歯になってしまうのです。

 

経験があると思うのですが、

一回治療をしたところほど、何回も治療をしなおす。

 

最終的には、神経の治療をして、歯にかぶせ物をします。

 

でも、この神経の治療をすると歯がもろくなってしまうので、

平均で2回ほど治療をしなおすと歯を抜くことになるのです。

 

虫歯の治療で歯を削ると、最後には歯を抜かなければいけなくなる。

現在の保険治療では、この流れが止まりません。

 

 

そして、抜いた後も、かめるように処置をし続けていきますので・・・

一生涯に一本の歯にかかる費用は、55万円というデータも出ています。

 

・・・・

 

経済的にも不利になる、虫歯を削る治療。

虫歯を止めるという発想がないままに行いますので、

生活習慣病という観点は、すっぽりと抜けています。

 

かむ、ということがだんだん四図楽なっていきますので、健康的に過ごすということからも離れていきます。

 

 

この流れを止めるひとつの方法として、

レーザーを応用することで、虫歯の再発を防いだり、新たな虫歯ができるのを防いだり、

今ある虫歯に対しても、殺菌しながら、歯を強くして、虫歯の再発を防ぎながら、

歯の神経を健康にさせるように働きます。

 

虫歯予防にも、今ある虫歯のはがなくなってしまう悪循環にも対応できるのが

きら歯科でのレーザーの特徴になります。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
きら歯科クリニック
http://kirashika.com/
住所:東京都西多摩郡瑞穂町箱根ヶ崎137
TEL:042-557-0079
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015年08月10日

食事:生活習慣病の観点から(きら歯科クリニックの予防の特徴7)

こんにちは

きら歯科クリニック 吉良信史です。

 

きら歯科クリニックの予防の特徴を連続して紹介していきます。

今回は、その7回目

(こちらからリンクします 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目 8回目 9回目 10回目 11回目

 

 

6.食事の観点から生活習慣病としての、虫歯・歯周病を防ぐことができる

 

虫歯も歯周病も生活習慣病です。

運動や食事で、虫歯や歯周病のかかりやすさをコントロールできるのです。

 

予防としてみたときの、食事で大事なことは、

食事の時間(どのくらい時間をかけて食べるのか)

食事の間隔(食事と食事、おやつや、飲み物の取り方、その間隔)

食事の内容(砂糖の量、食べ方、肉、魚、野菜などの配分、塩のとり方)

食事のときの姿勢(座り方、箸の持ち方、なぜいただきますが大切なのか、)

などなど。

 

それぞれが体の部分とリンクしてとても大切な項目になります。

 

誤解されていたり、間違った考えを信じているという場合もあります。

また、まだまだ解明されていないものが多く、

経験則がまかり通っていたりもします。

 

それでも避けては通れない分野です。

一つ一つのことは、また、改めて書いていこうと考えています。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
きら歯科クリニック
http://kirashika.com/
住所:東京都西多摩郡瑞穂町箱根ヶ崎137
TEL:042-557-0079
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015年08月08日

かみ合わせと姿勢 (きら歯科クリニックの予防の特徴6)

こんにちは

きら歯科クリニック 吉良信史です。

 

きら歯科クリニックの予防の特徴を連続して紹介していきます。

今回は、その6回目

(こちらからリンクします 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目 8回目 9回目 10回目 11回目

 

5.かみ合わせと姿勢の関連から、口の中のトラブルを防ぐ

 

 

かみ合わせによって、虫歯や歯周病になってしまうことがあります。

 

あたりすぎていると、

歯が欠けたり、

骨に負担が来て歯が揺れてしまったり、

余計な力がかかると、顎が痛くなったり、

首や肩、背中、腰、足、内臓までゆがんで生きます。

 

これらは、重力の中で住んでいるために起こります。

紙あわせで歯が壊れることは、誰にでも起こりうるのです。

 

・・・・

 

そこで、きら歯科クリニックでは、

かみ合わせの調子が悪くなる前に、整えることを行います。

 

歯を削って調整すると、身体のゆがみが変わったときに歯があたらなくなってしまうことが怒るので、

なるべく削るのは、最後にしたいのです。

 

その前に、身体や口の中での反射を使ってバランスを整えることで、

かみ合わせが落ち着いていきます。

 

身体全体の中の一部である口に症状が出ているということは、

身体全体が、不調中身あわせと、同じように不調だということをあらわしている、とも観えます。

 

そこで、かみ合わせを調整することで、

身体全体のバランスが整い、健康になっていきます。

 

かみ合わせの調整は、身体の健康に取って、とても大切なことなのです。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
きら歯科クリニック
http://kirashika.com/
住所:東京都西多摩郡瑞穂町箱根ヶ崎137
TEL:042-557-0079
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



コールバック予約

PAGE TOP