2015年09月29日

歯石を取るときの痛み

こんにちは

きら歯科クリニック 吉良信史です。

 

歯石を取るときには、

 

ガリガリと引っかいたり、

超音波の振動を使って砕いたりします。

 

でも、どちらも不快な症状が出てしまいます。

 

そこで、先にレーザーを当てることで

しみにくくなったり、不快な症状を感じにくい状態を作ることができます。

 

レーザー自体がしみる症状を止める作用がありますし、

鈍く麻酔がかかったような状態(鈍麻といいます)を作り出します。

 

レーザーを使うことで不快な症状を感じることなく歯石を取ることができるようになりました。

 

実際患者さんからは、

・痛みが少なくてよかった

・今まで治療をしても、なかなか匂いが消えなかったのだけど、レーザーを当てて歯石を取ったら今はほとんどにおいが気にならなくなった。

・歯石を取るのがとてもいやだったのだけど、これなら少し楽かな。

・何回も通わないでも歯石が取れるようでよかった

 

・・・・

 

深いところにある歯石を取るときには、

今までは麻酔をしてとるなど、外科処置としても大変な部類に入ります。

 

でも、レーザーを併用することで

麻酔することなく、痛みが軽減でき、

治り方もシャープになります。

 

不快な症状を少なく治療したいという患者さんの思いに少しでも役立てるなら、嬉しいですね。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
きら歯科クリニック
http://kirashika.com/
住所:東京都西多摩郡瑞穂町箱根ヶ崎137
TEL:042-557-0079
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



コールバック予約

PAGE TOP