2015年08月13日

ばい菌のすみにくい口の中を作る(きら歯科クリニックの予防の特徴9)

きら歯科クリニックの予防の特徴を連続して紹介していきます。

 

今回は、その9回目

(こちらからリンクします 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目 8回目 9回目 10回目 11回目

 

8.蛋白分解除菌水を用いることで、ばい菌が済みにくい状態を簡単に作れる

 

 

簡単に言うと、べっとりくっついてはがれない”ばい菌”を溶かして殺菌することで、

ばい菌がすみにくい環境を作って、善玉菌を増やす

ということです。

 

・・・・

 

お腹の善玉菌とか、

腸内細菌のバランスが・・・とか、

聞いたことがあるでしょうか?

 

お腹の中の細菌の種類にも、善玉菌、悪玉菌、何もしていない菌といて、

これらのバランスを浴しましょう~ と、いうことがいわれています。

 

じっさいに、腸内細菌を整えることで、身体の免疫力は今まで以上に上がるのではと、研究が盛んですし、

実際に健康になるために取り組まれています。

 

最近、口の中にも、腸内細菌と同じように善玉菌、悪玉菌、何もしていない菌というように、バランスがあり、

このバランスがとることで虫歯や歯周病、全身の免疫力に影響が出るということが

論文で発表されました。

 

今までは、ただ歯磨きをすればいい、

といわれてきていますが、ばい菌の種類を整えることで

身体の健康にも影響するということになりますね。

 

・・・・

 

ところが、悪玉菌を減らそうとしたときに、

なかなか歯磨きだけではうまくいかないことも知られています。

 

洗口剤(デンタルリンス)を使っても、べとべとに付いているばい菌にはほとんど効果がありません。

 

そこで、べとべとのばい菌を溶かして、殺菌します。

歯磨きとして続けることで、虫歯の発生がかなり抑えられることもデータとして出てきました。

 

無菌の状態を目指すのではなく、(無菌の状態は、かえって免疫力が下がります)

善玉菌を増やして、悪玉菌を減らし、

何もしない菌とのバランスをとることで、虫歯と歯周病はかなり抑えられるようになります。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
きら歯科クリニック
http://kirashika.com/
住所:東京都西多摩郡瑞穂町箱根ヶ崎137
TEL:042-557-0079
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



コールバック予約

PAGE TOP